ZAP SPEED RACING TEAM





ドライバーオーディションのながれ

──ドライバーオーディション「実技審査」

経験者でも初心者でも有利不利が無いようなコース設定と審査方法を用います。
カート経験者の苦手とするシフトは減らし、ジムカーナやハコの経験者の得意とするスラローム等を織り込みながら、審査は基本動作を基準に見ます。アクセルワーク、ステアリングワーク、ブレーキング等や、スピードに対するセンス、挙動の把握や修正の速度、各アタック全体の構成等多角的に審査します。審査員は各選手権チャンピオン及び内間監督が行います。
難しいことや姑息な事を考えるよりも楽しんでのびのび乗って現在の自分の出来る限りを見せてくれれば構いません。過去にはタイムが参加者中半分以下の下位だった選手も合格しています。我々の独自の見方が有るのです。それが間違っているのならば、これだけの成績は出ない筈ですよね。ですから自信を持って審査させて頂いております。

STEP1 〜受付〜

まずは受付。
ここで、受理書・免許書・ゼッケンを貼ったヘルメットを提示して、参加確認をします。
STEP2 〜シート合わせ〜

シートは本来、発砲ウレタン等で作成されますが当日はその代わりにマットでおこないます。人によっては何枚も使用するので自分の枚数を忘れないように!
STEP3 〜コース発表〜

パイロン設定、スケジュールの発表、注意事項や審査基準の説明等をおこないます。聞き逃しのないように!
STEP4 〜ドライビング審査〜

午前はフリー走行、午後はタイムアタックをおこないます。使用する車輌は練習車としても使用されているFJマシンを用います。


──ドライバーオーディション「面接審査」

面接では、レースに対するビジョンを聞かせていただくと同時に、各受験者の人となりを面接します。どのぐらいの情熱を持って取り組むのか?自己PRは出来るのか?プロを目指すなら非常に重要な事です。別に口が上手い必要は有りません。口べたで言葉が少なくてもやる気は見えてくるものです。自然体で質問に答えてくれれば結構です。配点は実技40%面接60%です。
今どれだけ乗れるかは経験の有無も左右しますが、今後どれだけ伸びるのかは面接で分かるからです。ZAP SPEEDではフォーミュラ初心者を対象にドライバーオーディションで入り口を開いているので、殆ど全員が経験が無いわけですし、有ったとしても完全な人は居ないわけです(居たらレースで活躍している筈ですね)そこで、今の技量よりZAP SPEEDで伸びていける素材かどうかが重要なのです。
数多くのタイトルを獲得した強さの秘密は吸収力の有る人材の発掘だったのです。

STEP1 〜説明会-1〜

笹川マネージャーから、各カテゴリーの説明やレースにかかる費用の説明。パンフレットだけではわからないことも、ここの説明を聞けばよく分かります。この後に質疑応答の時間もあります。
STEP2 〜説明会-2〜

内間監督から、レースに対する心構えからドライビングテクニックなど、レースを始めるにあたっての事柄を分かりやすく説明します。
No image STEP3 〜面接審査〜

面接では、あなたの人なりとレースに対する熱意をみます。一人あたりの時間は約15分程しかとれませんが、レースへの熱い想いを私たちにぶつけてください。



オーディション開催情報
なぜオーディションなのか?
オーディションに合格すると
練習風景を一部公開
資料請求フォーム









ドライバーオーディションスペシャルサイト


ZAP SPEED MAINTENANCE FACTORY (ZMF)

ZAP SPEED Jr.(ザップスピードジュニア)

メールマガジン

チーム員専用ページ

ZAP SPEEDのスタッフがあなたの疑問にお答えします




Copyright © ZAP SPEED.All Rights reserved.


Created by Sidepond advance