ZAP SPEED RACING TEAM





VOL.62:怪しい奴には気を付けろ

何か最近カートやレースでマネージャーとかスポンサーを語る詐欺行為が横行している様だ。

勿論騙す方が悪いのだが、脇の甘い騙される側ももっとしっかりしないといけない。

そこで長い間レース界に住み見て来た事から「こんな奴には気を付けろ」という一般論的見解を書いて見る。


・実態の無い奴には気を付けろ。

スポンサーと言いながら仲介者だったり、レーシングチームを語りながら自分ではガレージもマシンも社員メカニックも持たない。 ドライバーを売りさばくブローカーなのか? 中には事務所も区画貸しのレンタルオフィスの一室だったり、グーグルマップで名刺の住所を調べて見ると田んぼの中の民家だったりしたケースもある。 詐欺師は何かあったら直ぐに消えられる様にしておくのかな?

 

・君の才能を見込んで?

そもそも、無名の選手にスポンサーが降って沸く? 星の数ほどいる選手の中で抽選にでも当たったのか? 「俺にも運が回って来た」!? 災難が振って来たと思った方が良い。 なかでも選手をその気にさせるのが「君には才能が感じられる」とか言う奴。根掘り葉掘り話を聞くと大して走りを見ている訳でも無く、競技の事も詳しく無かったりする。 そんな奴がどうやって才能を見抜いたのだろうか?

 

・大風呂敷を広げる

「あー◎◎チャン(レジェンドを差す)は昔から良く知っているから。俺から言っといてあげるよ。」 で、こちらから◎◎レジェンドに「□□さんってご存じですか?」って聞いたら「え?あいつまだこの辺うろうろしてるの?気を付けた方がいいよ。」なんて事が何度もあります。 話だけ聞いてたらレジェンドドライバーも各チーム監督もお友達、過去には大きなイベントを手がけたとか、海外の石油メーカーやビールメーカーとパイプがあるとか、アラブの王族とか、兎に角大きな話が大好き。だったらF1ドライバーに行くだろ?

 

・接触はSNS

サーキットで直接声をかけると周りの人に見られるからか? ファーストコンタクトはSNSだったりする。 SNSで見知らぬおっさんが「君は頑張ってるから応援してあげる」なんて言ってきたらブロックの準備をして、まともな関係者に相談しよう。

 

・後払い

大風呂敷広げたデカイ話が大好きな割に、支払いは決まって後払い。まあ、払われる事も無いだろうけどね。 中には最初のレースは半分支払われたけど、次のレースからは支払い延び延びでいつのまにか消え去ったというのもあるし、そのドライバーに何枚ものクレデンシャルやVIPルームの費用が請求されたなんていうのもある。 美味しい話には裏があるというのは社会の常識。 騙されてからでは遅い。心しておくといいよ。





←前のページへ戻る


□■ 笹川健志 □■
マネージメントディレクター。チーム運営に手腕を振るう。自分がレースするはずだったのが、いつの間にかレースを目指す若い連中の面倒を見る事に…。内間監督と供に「一蓮托生」理想のチーム創りを目指します。 理想のチーム作りと言うのは皆さんの理想をかなえること。「自分達の時代にもあったら良かったのに!」っていうチームを創る事。 チームが徐々に理想に近づいてゆくのが生き甲斐です。







ドライバーオーディションスペシャルサイト


ZAP SPEED MAINTENANCE FACTORY (ZMF)

ZAP SPEED Jr.(ザップスピードジュニア)

メールマガジン

チーム員専用ページ

ZAP SPEEDのスタッフがあなたの疑問にお答えします




Copyright © ZAP SPEED.All Rights reserved.


Created by Sidepond advance