ZAP SPEED RACING TEAM





VOL.18:2007in会津

第2戦から約一ヶ月が経った8月。地元会津へ帰って営業活動の始まりです。

今回の営業活動は短期では無く、8月の一ヶ月間という時間をかける事にしました。また今回は営業外回りだけではありません。イベントを行います!!マシン持参でしかもトークショー付きという、良いアピールの場と機会をいただきました。実は5月にもマシンを使ったイベントを行いましたが「パネルがしょぼい」「サポーター募集特典がつまらない」など、いまいちパッとしませんでした。このダメ出しを受け、チームの事務所で作戦会議。ほぼ一日中相談にのってもらった結果、面白いサポーター特典やいろいろな案が思いつきました。あとはブースの見せ方。しょぼいブースには人は寄ってはくれません。そのための材料はケチらないのがポイントで、「お金をかけるところにはかけろ」という事を去年から教わっています。(とは言ってもできるだけ安いものを探しますが・・・)材料や必要なものの下見にチーム事務所のある池袋を歩き回ります。コルクボード、イーゼル、チェーン、Sカン、ポスターの予算、写真印刷の予算と調べることがいっぱいです。道具の準備で歩き回った中でも東急ハンズはスゴイ!!
無いものはないというくらい、何でも揃ってます。商品を見る度に新しいアイディアがひらめきます。これこそ脳トレって感じでとても良い刺激になりました。そして材料を購入。準備満タン!?で地元へ向かいます。

一発目の仕事は、ディーラーさんの4周年大感謝祭のイベントでゲストとして参加です。
2ヶ月位前から会津市内のあちこちに大きな看板やポスター、折込チラシで広告を出してくれていたそうで、思っていた以上に大変な事になっていました。特にお店の前には「☆地元の星☆」と書かれた看板が・・・これはヤバい。と恥ずかしいような嬉しいようなです。

このイベントではサポーター入会50人を目標にしました。ブースもそれらしくなり、第2戦時にお世話になったカメラマンさんの協力でスライドショーも設置できました。珍しいレースマシンに人は集まりますが、サポーター入会となると厳しい状況です。地元の方といっぱいふれあっているうちにトークショーの時間です。キャンペーンガールのお二人と僕が特設ステージに上がり、レースを始めたきっかけ、カテゴリー紹介、マシンについてなど一般的な質問から始まって、初めて表彰台に上がったときの感想、ヘルメットの由来、プライベートな質問とアっという間に終了しました。

友達、家族、スポンサー、近所の人がいっぱいいる中でかなり緊張しました。終了後には「力み過ぎ」とのダメだしを受け反省です。恥ずかしがると逆に弱々しく見えるし、力み過ぎるとこれまた変な感じになります。自然体で人前で話す技術を身につけなければと思いました。「ハンドル王子と呼んでください」と叫び・・・、失笑を買いましたが無事イベントを終了できました。残念ながらサポーター募集は惨敗でした。

しかし、これで終わりではありません。今度は「会津村」という観光名所の一角を借りてのマシン展示イベントです。しかも帰省シーズンに5日間連続!!気合十分です。が、この場所の敷地は6万坪もある大庭園で、その広大な庭園の一角に、しかも特定の時間に人を集めるということは難しい事でした。お客さんが散ってしまい、予定していたトークショーやじゃんけん大会も出来ず仕舞いです。それに追い討ちをかけるような暑さ、強風、雨と5日間この3つの何かしらで悩まされました。屋外での自然現象の対処、お客さんを集める難しさ、県外の人に短時間で自分を知ってもらいサポーターになってもらう難しさを感じ、正直弱気にもなりましたが「絶対人を集められるようなビッグな人間になってやる」と火もつきました。

かなり多くの人とお話が出来、いい出会いもありました。特に男の子がマシンに乗ってイキイキしているのを見ると自分も元気が出てきます。でも、ミラーに寄りかかるは、サイドポンツーンには上がるは、ウイングに上がるはで5日間マシンが無事だったのが奇跡なくらい大変でした・・・。こうしてイベントは終了しました。


イベントも終わった8月18日。一つの記念日が出来ました。”サポータークラブO-Kei'S”が正式に発足しました。今までは自分ひとりで運営していましたが、会長、副会長、事務局などを決め、正式な組織として大きな一歩を踏むことができました。ほぼ全員のスポンサーに電話をかけ、会議への参加を集いましたが、予定が合わずほぼ断られ、当日まで不安だらけでした。会の進行はどうしたら良いか?どういう資料を作れば良いかと悩み、チームの先輩に聞くにしても時間がないし、チームに相談しようと電話したら担当者が夏休みで不在でした。
このままでは「会議として成り立たない」、「なんだか分からない会議になってしまう」と不安だらけで会議を向かえました。そして会議当日。上手く会議を進められない僕に代わって、組織にしようと提案してくれたスポンサーの方が進めてくれたり、出席者全員で僕をサポートしてくれ無事第一回目のミーティングを行う事が出来ました。「もう、一人で悩まず、この心強い人たちにいっぱい相談しよう」と気持ちが一気に楽になりました。
それと同時に本気で応援してもらう以上それを裏切らない行動をとらなければならないと再確認しました。24時間レーシングドライバーであり、企業の顔として責任ある行動をとらなければならないと、また一つプロ意識とはどういう事かを学べた気がします。

スポンサー活動を始めてから約2年半。最初は新聞折込の情報誌に記事にしてもらい、それを見た一件のスポンサーから始まり、飛込みや紹介で少しずつ増え、やっと組織として発足できるまでになりました。大きな成長だと思います。これもまた自信に繋がります。この自信でコンマ1秒は速くなったと思います!!
サポーターの「分母」を増やす事、そしてその方々を大切にする事、感謝の気持ちを忘れない事、そうすればどんどん広がっていく事を会長から教わりました。次戦10月7日の第3戦はこの会長の誕生日だと聞きました。勝ちたい気持ちでいっぱいです。そのためにはもっともっと貧欲にドライビング技術を吸収していかなければなりません。

最後になりましたが、今回のイベントに協力してくれたチーム関係者、サポーター、スポンサーの皆さん本当にありがとうございました。小山はやります!!!応援宜しくお願いします。



←前のページへ戻る

□■ 小山圭 □■
生年月日:1984.11.1
血液型:B
出身地:福島県

2003年
FJ1600練習開始

2006年
FJ1600もてぎシリーズ参戦











ドライバーオーディションスペシャルサイト


ZAP SPEED MAINTENANCE FACTORY (ZMF)

ZAP SPEED Jr.(ザップスピードジュニア)

メールマガジン

チーム員専用ページ

ZAP SPEEDのスタッフがあなたの疑問にお答えします




Copyright © ZAP SPEED.All Rights reserved.


Created by Sidepond advance