ZAP SPEED RACING TEAM





VOL.12:4月の練習日記

9日(土)今回は諸事情によりトランポをチームの方にお願いしたので、午後からの走行に合わせて家を朝4時半に出発。R246の近くに住んでいるチーム員の西村クンと乗り合わせて、サーキットへ向かいました。そして正午過ぎにもてぎへ到着。この日は、PM2:30〜とPM4:00〜の計2本の走行しかありません。また、翌週にF4とFJの開幕戦が控えていたので、ややマシーン台数が多いように感じました。

そして1本目の走行が始まりました。走行前に必ずブレーキペダルの位置の確認と調整を行っているのですが、今回走り始めたら、シフトダウンする時にブレーキペダルとアクセルペダルの距離が少し遠くに感じたので、すぐにピットインし大急ぎで位置の調整を行いました。そして、コースインしてこれから行くぞ!と思った矢先、今度は落ちていたF4のパーツを拾ってしまいました。。。5コーナー立ち上がりでミラーを見たら、後ろにF4が来ていたので、そのまま130Rのアウト側を走行していました。そしてS字手前の『100m』の看板付近だったと思います。私の走行ライン上にマシンのパーツが落ちていたのです。ハンドルを切って避けようと思ったのですが、先程のF4マシンがすぐ右後ろに来ていて、私を抜かそうとしていたのでラインを変更出来ず、あとは抜かれた瞬間にブレーキ!!と思って踏んだのですが間に合わず、バキッ!!ガリガリガリ・・・・。
そのパーツを拾ったままスロー走行でピットまで何とか辿り着きました。着いた途端に拾ったパーツは外れたのですが、自分のマシーンが壊れていないかどうかとても心配になりました。メカニックさんに確認してもらったのですが、特に目立った破損・損傷は無いようで、再び走行を開始しました。そんなこんなで、あっという間に走行終了。

次の走行こそ、集中して走るぞ!と思い入念に準備をしていたら、いつの間にか時間が経ってしまい、2本目の走行が始まってしまいました。1周目はタイヤを温め・・・と思っていたら、130Rで腰の辺りのシートベルトがズルッズルッ!と緩んでくるではないですか!!シートベルトがしっかりはまっていなかったのかな?!と思って触ってみてもちゃんと締まっている。“???”と訳が分からずピットへ。もう一度シートベルトをきつく締め直してもらい、ずれてこないようにガムテープでグルグル巻きに。そして再びコースイン。その後は特に問題も起きなかったのですが、30分経つ少し前に赤旗終了となりました。

ベストタイムは更新したものの、まだまだ自分のイメージしている走りが出来なく、納得のいく走行とはなりませんでした。そして、ピットインした時、メカニックさんに大急ぎで直したりしていただき、本当に感謝しています。

30日(土)4ヶ月ぶりの仙台ハイランドでの走行に行ってきました。
29日(金)に家を出発したのですが、GWということもあり道路が混むだろうと予想し、AM5:00に家を出発。AM,7:00過ぎに首都高に入ったのですが、そこで案の定渋滞にはまりました。結局、筑波ガレージに着いたのはAM9:30。マシーンを積んで 筑波ガレージを出発し仙台目指してR294→R4へと走っていました。その道中、丁度ツインリンクもてぎで『インディーJAPAN300マイル』という世界的なレースが行われていて、FM栃木ですかね?!その特集をしていたので、聞きながら運転していました。そしてふと耳に飛び込んできたのは、「紅一点の女性ドライバー、ダニカ・パトリック選手が予選の結果、フロントロー(2位)獲得!!!!」 “はっ?
私の聞き間違えかな〜?”と思ったのですが、そんなことはありませんでした。女性初!ではないですかね。とても感動してしまい、私も頑張らなくては!!と闘志に火がつきました。

翌日、サーキット場の近くのホテルに泊まっているので、もてぎの走行と違ってゆっくり起きることが出来ました。午後からの走行だったのでAM10:00にサーキット場へ到着。走行の準備をして、もちろん入念にブレーキペダルも調整し、PM1:30からの走行を待ちました。

1本目の走行。コース確認をしながら徐々にペースを上げていき、難なくベストタイムは更新。冬の間、もてぎで練習していた結果が出たのでしょうか。2本目の走行はもっとタイムを上げようと頑張ったのですが、1本目より1秒半しか縮まりませんでした。
しかし走行の問題点は分かっているので、次回はもっと縮めることが出来るような気がします。



←前のページへ戻る

□■ 初又美由紀 □■
生年月日:1980.10.13
血液型:RH+A
居住地:静岡県韮山町
家族 :夫
好きな言葉 :笑う門には福来たる

2004年
レースデビューを目指して練習開始
2005年
マイマシンを購入!ついにもてぎで念願のデビューを飾る
2006年
いよいよ本格参戦か?











ドライバーオーディションスペシャルサイト


ZAP SPEED MAINTENANCE FACTORY (ZMF)

ZAP SPEED Jr.(ザップスピードジュニア)

メールマガジン

チーム員専用ページ

ZAP SPEEDのスタッフがあなたの疑問にお答えします




Copyright © ZAP SPEED.All Rights reserved.


Created by Sidepond advance